2007年06月の全記事一覧

--/--/-- スポンサーサイト
2007/06/29 ●ディープエンド・オブ・オーシャン
こちら、たまたまTVで放映されていたのですが、物語の先が気になってついつい観てしまった作品です。家族の意味を改めて考えさせられた作品です。...
2007/06/27 ●憑神
コブタの大好きな作家浅田次郎さん原作の作品!オオブタさんはあまり、興味なさそうだったので、レディースデーにコブタ一人で鑑賞!...
2007/06/26 ●映画検定 四級なんとか合格~
こういう映画ブログをやっていながら、自分の映画に関する知識不足を解消すべく、、、映画検定を受験を兼ねて勉強することにしました!そして 先日5月20日に受験してきたのですが、、、、...
2007/06/20 ●一番大切な人の怒らせ方
つい、、勢いでコチラの超実用・痛快エンターテイメントDVDを購入してしまいました。(><)...
2007/06/19 ●最終絶叫計画4(SCARY MOVIE 4)
数々のホラー映画をネタにつくったオバカ爆笑ムービーの第4弾となったコチラの作品をつい勢いで購入して鑑賞してしまいました。...
2007/06/18 ●ファムファタール(FEMME FATALE)
デ・パルマ監督の作品というとで 興味はあり録画していたのですが、、それで安心してついつい積鑑賞となっていた作品です。カンヌ映画祭の中でゲストのヴェロニカが身にまとっているダイヤで埋め尽くされた1000万ドルのビスチェを窃盗団が狙っていた。宝石を手にした窃盗団の一員ロールは仲間を裏切り単身アメリカへ逃走する。7年後別人になりすましたローラーはアメリカ大使夫人としてパリに舞い戻ることになるのだったが、、。...
2007/06/17 ●ゾディアック(ZODIAC)
一作品おきに 面白い作品を作ってくるというデヴィッド・フィンチャー 監督、、。その法則に従えば今回は面白いはずの「ゾディアック」さて その内容は??アメリカ犯罪史上最も危うい連続殺人鬼と言われる“ゾディアック・キラー”を題材にしたこの映画、 ゾディアック事件の真犯人を推測するというものより、この事件に職務的事情 好奇心からこの事件を追っていき人生を狂わせていった男たちの物語を描いた作品です。...
2007/06/14 ●監督・ばんざい!(GLORY TO THE FILM MAKER!)
悲しい事ですが 現在日本で絶滅の危機にある巨匠映画監督。その残り少ない生存する日本人巨匠監督である 北野武監督の最新作「監督・ばんざい!」はやはり普通ではなかったです。十八番のバイオレンス映画を二度と撮らないとうっかり宣言してしまった映画監督キタノタケシは、 ヒットを目指し、小津安二郎風の作品や不得手な恋愛映画、昭和30年の懐古物、ホラー映画、SF映画と様々な作品に挑戦するけれど、、ことごとく失敗し...
2007/06/11 ●バンジージャンプする(BUNGEE JUMPING OF THEIR OWN)
韓国映画をそれなりには観ているものの、監督とかで観ていることもあってヨン様とか四天王の作品はあまり観ていなかったコブタにとって、これが初のイケメン韓流スターの作品となるのですね~。「せつなく 美しい 愛奇跡に涙がとまらない」というコピーのこの作品、その通りではあるのですが、想定外の方向に進んでいく物語に確かにビックリしました。(^▼^;...
2007/06/09 ●プレステージ(THE PRESTIGE)
コブタが大好きな監督クリストファー・ノーランが、大好きな俳優の一人クリスチャン・ベイルと再びタッグを組んだコチラの作品、、プレステージを観てきました!二人の天才マジシャンによる、イリュージョンバトルという内容で、しかも「ラストを他の人に話さないで下さい」という注釈付きの物語というと、、物語自身のトリックに目が行きがちですが、この作品 やはりクリストファー・ノーラン監督の作品だけあって、人間を描いた...
2007/06/09 ●デップの誕生日だ~!
今日は あのコブタの大好きなジョニー・デップの誕生日!年月とともに、格好良さも増していくデップ、、(*ーー*)本当は、、この日の為に 派手な動画作りたかったのですが、、ここ最近忙しすぎて、、何もできませんでした(TT)去年の動画ですが、、再び掘り出してきて お祝いの気持ちだけ表現させてもらいますね(><)HAPPY BIRTHDAY JONNY DEPP...
2007/06/03 ●300
、、久しぶりに映画観て 熱く興奮出来る映画をみたという感じでした。これは シン・シティーで一躍映画界でも存在感を増したフランク・ミラー氏原作、総指揮の作品で、熱き男の戦いをビジュアル的にもクールに描いた映画です。...
2007/06/02 ●大日本人
すっごい 気になっていたこの作品、、やはり気になっていたのはオオブタとコブタだけではなかったようで、川崎にある映画館の上映会場どこも満席だったようですね。今日は、「バベル」、「スパイダーマン」がまだ残っていて、先週から「パイカリ」、そして今週は「監督万歳」そしてコチラの「大日本人」と話題の映画満載で映画業界そのものが異様に盛り上がっているのは気のせいでしょうか?さてと、こちらの作品ですが、いや~い...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。