作品 (さ) の記事

--/--/-- スポンサーサイト
2011/01/26 しあわせの雨傘 (Potiche)
評価 ★★★★☆監督・脚本・脚色:フランソワ・オゾンキャスト:カトリーヌ・ドヌーブジェラール・ドパルデューファブリス・ルキーニカリン・ビアールジュディット・ゴドレーシュジェレミー・レニエ この邦題は如何なものかと思いますが、映画はとても素敵な物語で楽しめました。...
2011/01/23 ●ソーシャル・ネットワーク(THE SOCIAL NETWORK)
評価 ★★★★☆製作年: 2010年 製作国: アメリカ 日本公開: 2011年1月15日 上映時間: 2時間0分 配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 監督: デヴィッド・フィンチャー 原作: ベン・メズリック 脚本: アーロン・ソーキン 撮影: ジェフ・クローネンウェス 音楽: トレント・レズナー 出演:ジェシー・アイゼンバーグ アンドリュー・ガーフィールド ジャスティン・ティンバーレイク  最初のシーンから、圧巻でし...
2010/08/09 ●ソルト( SALT )
7月31日 川崎109シネマズにて鑑賞 この作品の予告編を観たとき、今時ロシアからのスパイ?とも思ったのですが、アメリカにおいてロシア・スパイ網摘発事件があったために 現実味をだし、本国では意外に興行成績を伸ばしたようですね! それにしてもアンジ-ってこういう強すぎる女って似合いますよね!...
2010/05/29 ●処刑人2(THE BOONDOCK SAINTS II:ALL SAINTS DAY)
1999年に製作され、今や伝説のカルトムービーが 10年も経って続編が!しかも、監督と脚本は前作同様トロイ・ダフィー! メインキャストも続投!ファンとしては嬉しい限りです、、。気になったのは、ウィレム・デフォーの名前がない!!彼のあのパクチー並のクセが今回はないのかな、、と思ったら、、...
2010/04/10 ●シャッター・アイランド(SHUTTER ISLAND)
コチラの作品、、かなり公開が遅れれましたよね、、。しかも、、宣伝がなんとも煽り系で、錯覚がウンネンとかいった内容になってきて、、映画としてはなんとも危険な香りを感じていたのは私だしょうか?トンデモ映画になってしまったのでは?と予想していたのですが、、見てみたら、、、ふつ~のサスペンスミステリー映画?まあ、考えてみたら、『ミスティック・リバー』のデニス・ルヘイン 原作で マーティン・スコセッシ-が監...
2010/03/13 ●シャーロック・ホームズ(SHERLOCK HOLMES)
マドンナと離婚したのが良かったのでしょうか?ガイ・リッチー監督らしさというのが この映画で戻ってきましよね~やはりイギリス人!雑然としたロンドンの風景というのを どの時代であっても描かせると上手いですよね!...
2010/03/07 ●しあわせの隠れ場所(THE BLIND SIDE)
サンドラ・ブロック アカデミー賞 ラジー賞W受賞おめでとうございます!この映画のサンドラ最高! キュートでクールでファニーで情熱的そんな彼女の魅力が凝縮されていたこの作品!オスカーも当然といったら当然ですよね!兎に角 暖かくて良い映画!私のかなりツボに填った作品です!ハート・ロッカー観た後の カラッカラに渇いてしまった心をこの映画が見事に潤わせてくれました! こんなに 暖かい幸せで泣ける映画って珍...
2010/01/24 ●サロゲート(SURROGATES)
ゴメンナサイ!実は、、コチラ予告編ではおもしろそうだけど、実際みたらイマイチなSF映画なんだろうな~と思っていました。思ったよりかは地味ではあるものの、テーマ性もあり脚本も悪くなく意外に面白かったです。...
2010/01/06 ●Julie & Julia
やはり 新年一発目に劇場で観る映画はこういう ハッピーで気持ちいい映画でないといけませんね~♪前向きな元気が出る映画で、なんか頑張りたくなるそんな映画でした!その反面、、自分のブログの姿勢のアマアマぶりちょっと恥ずかしくなりました。...
2009/11/14 ●SAW6
ここ最近のSAWシリーズの出来が私的には イマイチだったためにコチラはまったく期待をしていなかったのですが、、ここまで微妙とは、、。一番の不満は単なる スラッシャームービーだったことです。このシリーズ 本来なら見せ場はスラッシャーな所ではないはずなのですが、他に魅せている部分がないのが致命的ですよね。シリーズで一番出来が悪い作品です。...
2009/11/14 ●スペル(DRAG ME TO HELL)
本日は14日!TOHOシネマの日!ということで、この日はTOHOシネマでは映画が1000円ということで、昼に『クリスマスキャロル』観て、夕方に『SAW6』観て、夜コチラの『スペル』を観ました!怖い映画が実は苦手な私だけに、、このラインアップは若干苦しいかな、、と思ったのですが、、コチラの作品 衝撃のシーンや展開が多いものの、恐怖というよりビックリするというものが多く逆に可笑しさを感じる部分が多く気...
2009/10/31 ●マイケル・ジャクソン THIS IS IT(THIS IS IT)
永遠に未完のライブのメイキングドキュメント。とはいえ この作品のいい所は マイケルの死を前面に押し出さずあくまでもライブのメイキングという形をとっていることです。だからこそ、最高のライブを作ろうとしているマイケルとスタッフの気持ちがストレートに伝わってきます。本編なきメイキング映像というのは、テリー・ギリアム監督作品の『ロスト・イン・ラマンチャ』、舞台目前に非業の死を遂げた天才というとジョナサン・...
2009/10/21 ●さまよう刃
この映画、もし観られるなら 絶対チネチッタで鑑賞することをお勧めします!だって、、最後のクライマックスは 川崎が舞台でチネチッタで幕を閉じるんですよね~コチラの記事参照→『○コブタも歩けば 映画に当たる』私がこの作品を観たいと思ったのは、この作品実は撮影現場に居合わせてしまい、その時撮影されたシーンがどのようになっているか観たかった!それだけなんですよね!私がダイスの前歩いていると、すぐ横を通り過ぎ...
2009/09/25 ●しんぼる
まったく知らない内に撮影されてて いきなり世間派手にに出てきたという印象なのは私だけでしょうか?かなり物議を醸し出した 第一作目『大日本人』からこんなにも早く 結構忙しいと思われる松本人志監督が二作目を作り出したという意味でも驚きですよね。 2008年9月にクランク・インということですから 一年もかけずに完成、その製作期間の短さが下手に色々てを加えることなく映画をシンプルに見せることに成功したのかもしれ...
2009/09/23 ●サブウェイ123(THE TAKING OF PELHAM 1 2 3)
映画の中での時間が、実際の時間とほぼ同じタイミングで進むタイムリミットサスペンスということで、緊張感もそれなりにあり、映像もスタイリッシュに見せていて面白いことは面白いのですが、、なんかラストが肩透かし?という感じです。ジョン・トラヴォルタ演じるだけに、犯人がもっとラスト凄いことを企んでいて観客をアッと言わせる映画だと信じきっていただけに、あまりにもスンナリ終わってしまった後半の展開に逆に唖然とし...
2009/08/11 ●GIジョー(G.I.JOE:THE RISE OF COBRA)
久しぶりに、、能天気なおバカヒーロー映画を観た感じでなんか懐かしかったです。あまりにも能天気な主人公たちのせいか、、正義の味方の誕生を見守るというか、、、敵組織の誕生秘話を見守ってしまう内容になっているのもこの作品の面白かいところ。でも、これって まじめに格好よいGIジョーを描いたのではなくて、ちゃんとギャグのつもりで描いているんですよね?...
2009/08/05 ●そんな彼なら捨てちゃえば(HE'S JUST NOT THAT INTO YOU)
これって邦題をみると、不誠実で自己中な最低男がいっぱい出てきて、それらに振り回されている女性たちがキッパリそいうった男たちを見切り、自分の幸せを手に入れる映画に思われそうですが、原題の「HE'S JUST NOT THAT INTO YOU」にあるように不誠実というより 「相手は自分に興味がない」という不毛な関係なら、そこは見切りをつけて次のステップに進んだほうがいいよね?という内容。映画はなかなか、男女の心理の確信をつい...
2009/07/22 ●サンシャインクリーニング(SUNSHINE CLEANING)
この日は、お仕事休みですが、大忙しでした。!! 11時15分 今世紀最大の天体ショーともいえる日蝕をラゾーナ川崎で楽しみ、12:15分チネチッタで『ウォレスとグルミット』鑑賞、15時から髪をカットし、16時からラゾーナでオードリーのトークショーを楽しみ、17時からコチラの『サンシャイン クリーニング』を鑑賞! 19時15分オオブタさんと外食デートなかなかハードなスケジュールでした。オードリーのトー...
2009/07/20 ●少林少女(SHAOLIN GIRL)
コチラの作品、、映画好きな方からの酷評の言葉を散々聞いてきたもの。それだけに逆に、興味を覚えてしまうのが、、また映画好きの困った習慣ですよね。それに、、本広監督って 昔はけっこう空気がすきな監督さんだったんですよ。踊る大捜査線 THE MOVIE スペーストラベラーズ サトラレまでは面白かったとは思うのですが、、その後は、、散々ですよね、、昔はもう少し物語を組み立てるのが上手い監督さんだったとは思うのですが...
2009/07/01 ●それでも恋するバルセロナ(VICKY CRISTINA BARCELONA)
コチラの映画、、公開一週目ですがよほどの映画好きしかこないだろうと判断したのですが甘かったようです。『愛を読むひと』や『いけちゃんとぼく』『余命1ヶ月の花嫁』ながどの感動系か、派手な『トランスフォーマー』 とか『ターミネーター』話題の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』に人は流れて、エグゼクティブシートは余裕でとれると思っていたのですが、、、、いってみるとひとつだけ電光掲示板の文字黄色くなっていて、前...

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


しあわせの雨傘 (Potiche)

Potiche
評価 ★★★★☆

監督・脚本・脚色:フランソワ・オゾン
キャスト:カトリーヌ・ドヌーブ
ジェラール・ドパルデュー
ファブリス・ルキーニ
カリン・ビアール
ジュディット・ゴドレーシュ
ジェレミー・レニエ

 この邦題は如何なものかと思いますが、映画はとても素敵な物語で楽しめました。


» Read More...
スポンサーサイト

●ソーシャル・ネットワーク(THE SOCIAL NETWORK)

●ソーシャル・ネットワーク(THE SOCIAL NETWORK)評価 ★★★★☆

製作年: 2010年
製作国: アメリカ
日本公開: 2011年1月15日
上映時間: 2時間0分
配給: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
監督: デヴィッド・フィンチャー
原作: ベン・メズリック
脚本: アーロン・ソーキン
撮影: ジェフ・クローネンウェス
音楽: トレント・レズナー
出演:ジェシー・アイゼンバーグ
アンドリュー・ガーフィールド
ジャスティン・ティンバーレイク


 最初のシーンから、圧巻でした。私とオオブタさんでも、物語の見方が変わっていたコチラの作品。是非、誰かと一緒に見に行って、その物語の見え方の違いを楽しむのもいいかもしれません。


» Read More...

●ソルト( SALT )

●ソルト( SALT )7月31日 川崎109シネマズにて鑑賞

この作品の予告編を観たとき、今時ロシアからのスパイ?とも思ったのですが、アメリカにおいてロシア・スパイ網摘発事件があったために
現実味をだし、本国では意外に興行成績を伸ばしたようですね!

それにしてもアンジ-ってこういう強すぎる女って似合いますよね!


» Read More...

●処刑人2(THE BOONDOCK SAINTS II:ALL SAINTS DAY)

●処刑人2(THE BOONDOCK SAINTS II:ALL SAINTS DAY)1999年に製作され、今や伝説のカルトムービーが 10年も経って続編が!

しかも、監督と脚本は前作同様トロイ・ダフィー! メインキャストも続投!ファンとしては嬉しい限りです、、。

気になったのは、ウィレム・デフォーの名前がない!!

彼のあのパクチー並のクセが今回はないのかな、、と思ったら、、





» Read More...

●シャッター・アイランド(SHUTTER ISLAND)

●シャッター・アイランド(SHUTTER ISLAND) コチラの作品、、かなり公開が遅れれましたよね、、。
しかも、、宣伝がなんとも煽り系で、錯覚がウンネンとかいった内容になってきて、、映画としてはなんとも危険な香りを感じていたのは私だしょうか?

トンデモ映画になってしまったのでは?と予想していたのですが、、見てみたら、、、ふつ~のサスペンスミステリー映画?

まあ、考えてみたら、『ミスティック・リバー』のデニス・ルヘイン 原作で マーティン・スコセッシ-が監督となると、、そうそうオカシイ映画を作ってくるわけはないですよね、、。




» Read More...

●シャーロック・ホームズ(SHERLOCK HOLMES)

●シャーロック・ホームズ(SHERLOCK HOLMES)マドンナと離婚したのが良かったのでしょうか?
ガイ・リッチー監督らしさというのが この映画で戻ってきましよね~

やはりイギリス人!雑然としたロンドンの風景というのを どの時代であっても描かせると上手いですよね!


» Read More...

●しあわせの隠れ場所(THE BLIND SIDE)

●しあわせの隠れ場所(THE BLIND SIDE)サンドラ・ブロック アカデミー賞 ラジー賞W受賞おめでとうございます!
この映画のサンドラ最高! キュートでクールでファニーで情熱的そんな彼女の魅力が凝縮されていたこの作品!オスカーも当然といったら当然ですよね!

兎に角 暖かくて良い映画!私のかなりツボに填った作品です!

ハート・ロッカー観た後の カラッカラに渇いてしまった心をこの映画が見事に潤わせてくれました! 


こんなに 暖かい幸せで泣ける映画って珍しいかもしれません。


» Read More...

●サロゲート(SURROGATES)

SURROGATESゴメンナサイ!実は、、コチラ予告編ではおもしろそうだけど、実際みたらイマイチなSF映画なんだろうな~と思っていました。

思ったよりかは地味ではあるものの、テーマ性もあり脚本も悪くなく意外に面白かったです。



» Read More...

●Julie & Julia

●Julie & Juliaやはり 新年一発目に劇場で観る映画はこういう ハッピーで気持ちいい映画でないといけませんね~♪

前向きな元気が出る映画で、なんか頑張りたくなるそんな映画でした!

その反面、、自分のブログの姿勢のアマアマぶりちょっと恥ずかしくなりました。


» Read More...

●SAW6

●SAW6ここ最近のSAWシリーズの出来が私的には イマイチだったためにコチラはまったく期待をしていなかったのですが、、ここまで微妙とは、、。

一番の不満は単なる スラッシャームービーだったことです。

このシリーズ 本来なら見せ場はスラッシャーな所ではないはずなのですが、他に魅せている部分がないのが致命的ですよね。

シリーズで一番出来が悪い作品です。


» Read More...

●スペル(DRAG ME TO HELL)

●スペル(DRAG ME TO HELL)本日は14日!TOHOシネマの日!ということで、この日はTOHOシネマでは映画が1000円ということで、『クリスマスキャロル』観て、夕方『SAW6』観て、コチラの『スペル』を観ました!

怖い映画が実は苦手な私だけに、、このラインアップは若干苦しいかな、、と思ったのですが、、コチラの作品 衝撃のシーンや展開が多いものの、恐怖というよりビックリするというものが多く逆に可笑しさを感じる部分が多く気持ち悪いシーンも多いのですが意外に私でも観ることができました。

恐怖と笑いって結構近い位置にある感情なんですね!


» Read More...

●マイケル・ジャクソン THIS IS IT(THIS IS IT)

THIS IS IT永遠に未完のライブのメイキングドキュメント。

とはいえ この作品のいい所は マイケルの死を前面に押し出さずあくまでもライブのメイキングという形をとっていることです。
だからこそ、最高のライブを作ろうとしているマイケルとスタッフの気持ちがストレートに伝わってきます。

本編なきメイキング映像というのは、テリー・ギリアム監督作品の『ロスト・イン・ラマンチャ』、舞台目前に非業の死を遂げた天才というとジョナサン・ラーソンの『RENT』DVDの特典映像などあるのですが、この作品がコレらの内容よりも切ない。

理由はテリー・ギリアムはまだ生きていて、創作活動を元気に続けていますし、
ジョナサン・ラーソンは作曲家で脚本家であるため舞台という作品は完成していた為に死後も無事公演され観客に想いを伝える事ができています。

この『THIS IS IT』を観てしまうとテリー・ギリアムとジョナサン・ラーソンは自分の渾身を込めた作品を世に送り届けることができるという意味で幸せだと思えてしまいました。


» Read More...

●さまよう刃

samayouこの映画、もし観られるなら 絶対チネチッタで鑑賞することをお勧めします!
だって、、最後のクライマックスは 川崎が舞台でチネチッタで幕を閉じるんですよね~
コチラの記事参照→『○コブタも歩けば 映画に当たる』

私がこの作品を観たいと思ったのは、この作品実は撮影現場に居合わせてしまい、その時撮影されたシーンがどのようになっているか観たかった!それだけなんですよね!

私がダイスの前歩いていると、すぐ横を通り過ぎたのがなんと竹ノ内豊!!
スタッフと以後来の打ち合わせの最中だったようです。

映画の街川崎とはいえ、、映画の撮影なんて そうそうぶつかるわけもないのでそのまま野次馬の一人となってワクワクしながら見学したものです。

チッタそのシーンだけでも、警察役の方6・7人、エキストラ50人くらいて、それを囲む野次馬とかなり大変なことになっていました。

私は、邪魔にならないように近くのドトールに入りガラス越しにその風景を楽しんでいたものです。

その時撮影されていたシーンは、警察が張っていた共犯者の少年が信号を突然赤で渡り出し、慌てて警察がその後を車を止めて銀柳街向けて追いかけて、竹ノ内豊はダイスの前を駅前方面へと移動するというもの。

劇中においては一瞬のシーン、でもカメラにうつってないところまでエキストラを配し時間をかけて作っているんだということに、ちょっと感動していしまいました。


» Read More...

●しんぼる

しんぼまったく知らない内に撮影されてて いきなり世間派手にに出てきたという印象なのは私だけでしょうか?

かなり物議を醸し出した 第一作目『大日本人』からこんなにも早く 結構忙しいと思われる松本人志監督が二作目を作り出したという意味でも驚きですよね。

2008年9月にクランク・インということですから 一年もかけずに完成、その製作期間の短さが下手に色々てを加えることなく映画をシンプルに見せることに成功したのかもしれませんね♪


» Read More...

●サブウェイ123(THE TAKING OF PELHAM 1 2 3)

●サブウェイ123(THE TAKING OF PELHAM 1 2 3)映画の中での時間が、実際の時間とほぼ同じタイミングで進むタイムリミットサスペンスということで、緊張感もそれなりにあり、映像もスタイリッシュに見せていて面白いことは面白いのですが、、なんかラストが肩透かし?という感じです。

ジョン・トラヴォルタ演じるだけに、犯人がもっとラスト凄いことを企んでいて観客をアッと言わせる映画だと信じきっていただけに、あまりにもスンナリ終わってしまった後半の展開に逆に唖然としてしまいました。


» Read More...

●GIジョー(G.I.JOE:THE RISE OF COBRA)

●GIジョー(G.I.JOE:THE RISE OF COBRA)久しぶりに、、能天気なおバカヒーロー映画を観た感じでなんか懐かしかったです。

あまりにも能天気な主人公たちのせいか、、正義の味方の誕生を見守るというか、、、敵組織の誕生秘話を見守ってしまう内容になっているのもこの作品の面白かいところ。

でも、これって まじめに格好よいGIジョーを描いたのではなくて、ちゃんとギャグのつもりで描いているんですよね?


» Read More...

●そんな彼なら捨てちゃえば(HE'S JUST NOT THAT INTO YOU)

●そんな彼なら捨てちゃえば(HE'S JUST NOT THAT INTO YOU)これって邦題をみると、不誠実で自己中な最低男がいっぱい出てきて、それらに振り回されている女性たちがキッパリそいうった男たちを

見切り、自分の幸せを手に入れる映画に思われそうですが、原題の「HE'S JUST NOT THAT INTO YOU」にあるように不誠実というより 「相

手は自分に興味がない」という不毛な関係なら、そこは見切りをつけて次のステップに進んだほうがいいよね?という内容。

映画はなかなか、男女の心理の確信をついていて楽しめます。誰もが自分の過去に思い当たる節がありチリリという痛みを持ちながらも楽しめる映画なのではないでしょうか?

映画は楽しかったのですが、、隣にいた高校生くらいの女の子二人が困ったもので、、五月蝿い(--;

妙なテンションで、映画の細かいところでイチイチウケて、足をバタバタさせて大げさに喜ぶ。
そして二人でしゃべりながら笑う。
感情移入バリバリで、テンションも高く「イヤ~ン ダメダメ~」とずぅ~としゃべっている。

5・6回注意しましたが、その度に「ごめんなさ~い」と謝るけれどまったく態度変わらず、、

そういう映画の観方は お家でやってください!!お願いです!(><)


» Read More...

●サンシャインクリーニング(SUNSHINE CLEANING)

●サンシャインクリーニング(SUNSHINE CLEANING) 日蝕 この日は、お仕事休みですが、大忙しでした。!!














ラゾーナ オードリーライブ前
11時15分 今世紀最大の天体ショーともいえる日蝕をラゾーナ川崎で楽しみ、12:15分チネチッタで『ウォレスとグルミット』
鑑賞、15時から髪をカットし、16時からラゾーナでオードリーのトークショーを楽しみ、17時からコチラの『サンシャイン クリーニング』を鑑賞! 19時15分オオブタさんと外食デートなかなかハードなスケジュールでした。

オードリーのトークショー意外は大満足の一日!充実しているっていう感じでした(^^)









» Read More...

●少林少女(SHAOLIN GIRL)

少林少女 コレクターズ・エディション [DVD] コチラの作品、、映画好きな方からの酷評の言葉を散々聞いてきたもの。
それだけに逆に、興味を覚えてしまうのが、、また映画好きの困った習慣ですよね。

それに、、本広監督って 昔はけっこう空気がすきな監督さんだったんですよ。踊る大捜査線 THE MOVIE スペーストラベラーズ サトラレまでは面白かったとは思うのですが、、その後は、、散々ですよね、、

昔はもう少し物語を組み立てるのが上手い監督さんだったとは思うのですが、、フジと深く付き合っていけばいくだけオカシクなってきましたよね、、。

TVで放映されていたのを録画して 鑑賞しました。(--;


» Read More...

●それでも恋するバルセロナ(VICKY CRISTINA BARCELONA)

●それでも恋するバルセロナコチラの映画、、公開一週目ですがよほどの映画好きしかこないだろうと判断したのですが甘かったようです。

『愛を読むひと』や『いけちゃんとぼく』『余命1ヶ月の花嫁』ながどの感動系か、派手な『トランスフォーマー』 とか『ターミネーター』話題の『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』に人は流れて、エグゼクティブシートは余裕でとれると思っていたのですが、、、、いってみるとひとつだけ電光掲示板の文字黄色くなっていて、前から3列目までの席のみのご案内というアナウンスまでされてい状況(--;

こんなんだったら、、さっさとネットで予約すべきでした(><)

ウッディ・アレンらしい ビターなスパイスの効いた大人の恋愛映画でした。



» Read More...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。